運営体制

緑寿園事務企画室の使命

 

事務企画室は、トップの意図と統一された経営方針をもとに、変わりゆく時代の変化に即応した人材育成とチームワークの醸成を通して、トータルマネジメントのスタンダードを常に追求します。

 

  1. より高度な介護サービスを利用される高齢者を支援する職員・組織に対して、事務的総合業務の適切かつ迅速な対応をする為の業務の再配分を行います。
  2. 緑寿園内の高齢者に対しては、日常生活の維持・向上・安全に関わる気配り・目配り業務を担います。
  3. 緑寿園外に関連する各種団体及び全幅の信頼感を得る為に、よりオープンな事業運営(専門委員会・各部署)をサポートします。

 

緑寿園企画室の業務

介護保険事務業務

 

財務会計業務

 

人事業務・労務業務・総務業務

 

ホスピタリティー

季節毎のイベントを通して日常の中にも季節感・潤いを利用者に感じてもらい、快適な生活環境の向上を図る。

 

安全衛生管理

安全面からの施設管理のあり方を模索、利用者の清潔・衛生・安全の確保、維持。向上を図る。

 

苦情解決・CS推進・サービス評価・事故対策

苦情に対する再発防止。第三者の評価を真摯に受け止める。

 

備品・保守・安全管理

正しく利用。保守することで、機能を長期に渡り十分に発揮・維持。利用者のニーズに対応、職員の安全維持。

 

防災管理

火災・地震等の自然災害及び緊急時における災害を最小限に抑え、利用者及び職員の生命の確保を図る。

 

地域交流・見学対応・ボランティア及び実習生受け入れ・広報誌発行

広報誌やHPを積極的に使用してもらう。福祉活動・サービス活動を広く解放し、生きがい感を高めていただく。

 

コンピュータ管理

ハード・ソフトを共有に活用することで向上。情報効率の向上・情報の一元化に役立てる。

 

監査・マンスリーレポート

月々の業務運営報告を受け、経理分析・職員の動静分析、月例検査・指導を行う。