沿革

明治44年
創設者稲永久一郎が和洋菓子問屋「一心堂」稲永商店を神田にて開業。
明治45年
少年を引き取り指導したのをきっかけに私的少年保護事業を開始。
大正11年
保護した少年を含む全従業員を組合員として、利益を配分する「稲永購買販売利用組合」を設立。
大正14年
少年保護団体「至誠学舎」を設立する。
昭和11年
「誠の心」「至誠三訓」を成文化。
昭和17年
私財一切を投じ財団法人「至誠学舎」を設立する。初代理事長に稲永久一郎が就任。
昭和20年
武蔵野支所設置。
昭和24年
少年法改正により、少年保護事業を終結。創立以来の保護少年は延べ2600人を超える。「柳橋保育園」開設。
昭和30年
養老施設「尚和園」開設。
昭和47年
「柳橋診療所」開設。
昭和49年
尚和園で一人暮らし老人のための食事サービス事業を開始。
昭和50年
特別養護老人ホーム「緑寿園」、全国初の「地域ケアセンター」を開設。(武蔵野市、小金井市、田無、保谷市との共同事業)
昭和60年
養護老人ホーム「尚和園」を閉園し、特別養護老人ホーム「サンメール尚和」を開設。「地域デイケアセンター」の事業開始。
平成2年
板橋区の委託を受けて、特別養護老人ホーム「みどりの苑」「みどりの苑高齢者在宅サービスセンター」を運営。
平成3年
在宅介護支援センター・高齢者ホームヘルプサービス事業を開始。
平成6年
東京都並びに武蔵野市の委託を受けて、高齢者総合福祉施設「吉祥寺ホーム」を運営。
平成10年
至誠学舎を東・西地区で分割し、社会福祉法人 至誠学舎東京を設立。
平成11年
緑寿園、NHKラジオ放送「ラジオ活き活きクラブ」で「敬老の日にちなんで」を放送。
平成12年
緑寿園、大規模な修繕工事を行う。
平成13年
緑寿園、ホームページ掲載準備を始める。
平成14年
緑寿園、ホームページ掲載を始める。